• 38億年前、生命のゆりかごである地球に生命は存在しておらず、地表の全てを埋めつくしていた水の層には、炭素や酸素、水素、窒素、リン、カリウム、塩素など29の元素がただ存在しているだけであった。
    それらが、地球の核から湧き上がるマグマと熱された温水の中で化学反応を起こし、生命の源である有機物が生まれることになった。
    時は進み、海と呼ばれる水の中で生命が誕生した。
    生命はいつしか母なる海を離れ陸に上がろうとし、海の中で育くまれた生命は母なる海を体内に宿しながら進化をし、ようやく陸に上がった。
    以来、現在に至るまで陸上動物は体内に海を宿して生きている。
    もちろん人間の体内にも微量ながら塩が含まれており、その量は体重の0.14%程度でしかなくなったが、それでも人類が生きる上で欠かせない要素の一つになっている。

  • 水は人体の65%を構成している成分であり、この水分が20%失われると人は死に至る。
    水の特徴はあらゆるものが溶け込んでいることだ。
    その結果、地球を満たしていた大水は地底の成分を受け入れ、海を形成した。

    そしてこの海は塩のほかにも、カルシウム、バナジウム、水銀などの元素をここで生れ落ちた生命に分け与えた。

    あらゆる元素を抱擁している。そんな海を生命は体内に取り込んで生き続け、人類となった今でも体内に海を内包している

    人にとって、海に溶け込んでいる成分のうち、最も重要といえる要素は塩分であると言っても過言ではない。
    体液中に溶けている塩分(塩化ナトリウム)は、その濃度、すなわち浸透圧に相当する分量の水を体内に保持する働き、つまり体液量を支配し、血液量や血圧を調整する役割を担っている。
    しかし、不思議なことに、同じように塩辛いと感じる塩化カリウムには、この役割を担えない。

  • 塩は、生命の営みに重要な役割を果たしている。
    人以外の、肉食動物、草食動物、植物、プランクトン、微生物を含む全ての命を司る。

    肉食動物はその体を動かすのに人と同じく塩分が必要であり、その塩分は草食動物を食べることにより得る。

    さらに草食動物は、岩塩や塩湖などの「塩場」を本能で知り、水場とともに塩を求め巡回する。

    その一方で、草食動物が食べる植物は塩を積極的に必要としていない。元々、植物は塩分の多い海水中で進化し、体外の高塩分による浸透圧の影響から逃れる壁構造を持つことで水分を体の隅々まで行き渡らせることができる。そうして動物に先駆けて、植物は陸上へと生活環境を広げることが出来た。
    しかし、塩が土に溶け込むと土の中の水を支配し、土の中に留めてしまう。
    つまり、植物は吸水出来なくなり、死に至る。
    また、微生物やプランクトンにおいても同様で、塩によって支配された水の浸透圧に耐えられず、水分を奪われて死に絶えてしまう。

こうした塩の命を司る力が主にナトリウムに起因している一方で、塩を語るうえで、もう一つ欠かせない存在は塩素である。
動植物が塩を摂取したとき、ナトリウムと一緒に摂る塩素イオンは人体に害を及ぼさない。
それどころか有益な物質として活用されている。
体内で塩素イオンは血液に溶け、体中を巡り、胃壁では胃酸となって細菌の消毒に利用され、また白血球は取り込んだ細菌に対して次亜塩素酸を放出することで殺菌している。
驚かれるかもしれないが、塩の核である塩素は人類にとって有益な存在なのだ。
こうした塩の有益な力を引き出すには、純粋な塩から、水を用いて塩素をより分けずにはなしえない。

ながらく動物は海を体内に宿してきた
それは塩を水に溶かすためであり、ナトリウムと塩素を切り分け ることを意味しており、
塩素を取り出し、生命活動の根幹の食事と生命防衛の砦の免疫機能に利用している。
つまり、塩素には生命を守る力が備わっているのだ。

三慶グループではこの塩のあり方に注目し、純粋な塩にこだわり、
これを溶解し分解することで、
塩素に秘められた潜在能力を引き出すことに成功したのが亜塩素酸水である。

そして、こうした命を守る挑戦を続けていくことこそが、
三慶グループの企業としての在り方だと考えている。